本文へスキップ

立体地図の製作事例

高解像度で軽量。1メートル以上の大きさも分割なしで製作可。

軽量な発泡素材を原型として精密に切削加工。表面には特殊なフィルムに地図や航空写真を印刷したものを地形の凹凸に合わせて接着加工します。
3Dプリンター製作品に比べ、大きい立体地図が高解像度で製作可能です。

立体地図模型

立体地図模型

イメージ01

御蔵島 全図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

山形県主要部

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

関東地方主部

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

御岳山

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ01

富士山・箱根

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

空港周辺地図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

伊豆大島 全図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

神奈川県全図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ01

富士山・箱根

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

空港周辺地図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

大判立体地図模型

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

立体世界地図

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

立体航空写真・立体衛星写真模型

立体航空写真・立体衛星写真

イメージ01

福島県双葉町

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

福島第一原子力発電所付近

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

立体写真模型拡大

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

仙台平野 立体写真模型

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ01

三陸海岸 立体衛星写真模型

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ02

南アメリカ大陸立体写真

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ03

津波浸水域立体衛星写真

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

イメージ04

立体写真模型 (沖縄県)

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

立体地図模型の特徴、3Dプリンター製作品との違い お知らせ

特徴
製作工法上、1台のみ(〜2,3台程度まで)の製作に適しています。
模型本体はとても軽量ですので、壁掛け展示も可能です。
地図シートは600dpi程度ありますので、小さい文字や地図記号、写真もしっかりと再現します。
製作サイズは1メートル以上のサイズまで繋ぎ目なく製作可能です。
ほこり等の汚れは、水拭きが可能です。
想定される設置場所
会社、事務所など管理下の建物内の壁掛け展示など
短期間〜中期間のイベント展示など
屋外など直射日光のあたる場所への展示は表面劣化の恐れがあります。 プロジェクションマッピングなどによる映像投影をするには、表面に光沢がるため不向きです
設置方法
壁掛け、平置き いずれも可
オプション
壁掛け用金具、アルミフレーム額装、透明アクリルカバー、展示台
製作方法
軽量な発泡ウレタン素材を、自社開発の地形モデル切削装置で精密に切削加工し、地形の起伏を再現します。
溶剤系インクを使い、高解像度で地図シートを特殊フィルムに印刷し、特許取得の立体地図作製技術と真空成型技術を応用した手法で、地形の起伏に合うように熱と圧力をかけながら地図シートを接着加工いたします。
3Dプリンターとの違い
フルカラー出力可能な3Dプリンターの解像度は、3Dプリンターのスペック上は300dpi以上ありますが、実際には、材料に染込みながら形状を再現していくため、実際の解像度はかなり低くなります。そのため、細かい文字や地図記号などは読みにくくなりますが、『立体地図模型』では高解像度の印字が可能なため、紙地図と同程度の印字品質となります。
3Dプリンターでは30cm角程度のブロックごとに作成し、組み合わせて大きな立体地図とするため、つなぎ目があり、全体を並べるための台座などが必要になります。全体としては重い模型になるため、壁掛け展示には不向きですが、『立体地図模型』では、比較的軽量に製作可能なので壁掛け展示の実績も多数ございます。
3Dプリンター品は割れることがありますが、『立体地図模型』では割れることは少ないですが、表面の硬度が弱いため、爪やペン先など尖ったものによる破損の恐れがございます。

立体地図模型製作は...

株式会社トラストシステム

〒213-0023
神奈川県川崎市高津区子母口530
TEL.044-740-6168
Email: map@trust-system.co.jp